様々な種類の公務員

全国で339万人が公務員として働いています。一口に公務員と言っても、その種類は多種多様で、仕事内容も多岐に渡っています。

国会議員や公立校の教員も公務員ですが、ここでは、いわゆる公務員試験を受験してなることのできる「役所」で働く公務員に限定して解説します。

公務員の大半は、試験に合格すれば理論上は誰でもなることができます。しかし公務員試験にも様々な種類のものがあり、どれを受験したらいいのか迷っている方も多いと思います。

試験が難しすぎたり、望まない転勤があったりといったミスマッチが生じないよう、初めにターゲットを見定めてから公務員試験の準備に入ってください。


公務員試験の分類基準

公務員試験を種類別に分類すると、概ね以下のような基準により数種類に分類されます。

  1. 国家公務員か地方公務員か
  2. 試験の区分や職種別の分類
  3. レベル別・難易度別の分類
  4. 試験科目が多いか少ないか
  5. 危険を伴う職種なのか否か

国家公務員と地方公務員


公務員の種類を大きく分けると、国家公務員と地方公務員に分類されます。

国家公務員 ・中央官庁や出先機関で働く
・国家公務員試験(総合職・一般職・専門職)を受験してなる
・全国で約641,000人が国家公務員として働いている
地方公務員 ・県庁や市役所などで働く
・地方公務員試験(上級・中級・初級)を受験してなる
・全国で約2,752,000人が地方公務員として働いている
  • 国家公務員・・・国家公務員試験を
  • 地方公務員・・・地方公務員試験を

平成26年度末(一部25年度含む)の統計によると、国家公務員が約641,000人、地方公務員が約2,752,000人、合計約3,393,000人が公務員として働いています。

国家公務員と地方公務員の比率

このグラフを見ると、国家公務員の人数は思ったよりも少ないことが分かります。ただ、国家公務員と地方公務員を合わせると、全国民の40分の1弱を占めます。しかし1億2,000万強の全国民から子どもや高齢者を除いた就労人口はわずか6,385万人です。つまり、就労者の5%以上は公務員として働いている計算になります。

公務員の人数