地方公務員とは


地方公務員とは、地方の機関(都道府県庁・市町村)で働く公務員をいいます。また、県庁や市役所の職員だけでなく、警察官や消防官といった公安系の職種も地方公務員に含まれます。

地方公務員の活躍する主なフィールド

  • 都道府県庁で事務職や土木・建築・電気といった技術職で働く
  • 政令指定都市や市町村で事務職や土木・建築・電気といった技術職で働く
  • 警察官・県立高校事務(都道府県の職員)や消防官・市町村立小・中学校事務(市町村の職員)として働く

*このように、地方公務員は各自治体ごとに対応していく仕事をすることになります。働く場所は、都道府県の職員であれば都道府県庁・その出先機関(税事務所・土木事務所など)・警察署など、市町村であれば市町村役所・その出先機関(出張所・公民館・図書館など)・消防署などです。


地方公務員の種類


  • 都道府県庁職員
  • 政令市職員
  • 特別区職員
  • 市町村職員
  • 警察官
  • 消防官
  • 学校事務

また、国家公務員と同様、地方公務員上級職にも様々な職種・系統・区分があります。そのうち主なものを以下でご紹介します。


地方上級(行政系)

地方上級(心理系)

地方上級(福祉系)

地方上級(技術系)


上に挙げた区分の他にも、獣医や文化財保護など特殊な区分で採用を実施している自治体もあります。どのような職種で実際に採用があったかは、自治体別ガイドから各自治体の実施結果(実施状況)を御覧ください。




公務員試験総合ガイドTOP