公務員試験総合ガイド

公務員受験生のための公務員試験情報サイト

HOME > 国家公務員 > 国家総合職(法務・教養)

国家総合職(法務・教養)の概要

○平成24年度の国家公務員試験制度の改正により誕生したのが「法務区分」(院卒者試験)と「教養区分」(大卒程度試験)です。他の区分が春に試験を実施するのに対し、この2つの区分のみ秋に試験が実施されます。なお、法務区分は司法試験合格者を対象とした試験であり、教養区分は広く大卒者を対象とした試験となります。

○これらの試験を実施する趣旨として、人事院によると、法務区分は「政策の企画立案等の高度の知識、技術又は経験を必要とする業務に従事する係員の採用試験」とされており、教養区分は「既存の試験区分以外の専攻分野の学生や外国の大学の卒業者など多様な有為の人材確保に資するよう、企画立案に係る基礎的な能力の検証を重視した試験区分」とされています。




受験資格(平成28年度)

法務区分(院卒者試験)】
昭和61年4月2日以降生まれの者で次に掲げるもの
(1) 法科大学院の課程を修了した者であって司法試験に合格した者
 又は司法試験法及び裁判所法の一部を改正する法律(平成14年法律第138号)附則第10条の規定により同法附則第6条第2項に規定する新司法試験に合格した者と見なされた者
(2) 司法試験予備試験に合格した者であって司法試験に合格した者
教養区分(大卒程度試験)】
(1) 昭和61年4月2日~平成8年4月1日生まれの者
(2) 平成8年4月2日以降生まれの者で次に掲げる者
ア 大学を卒業した者及び平成29年3月までに大学を卒業する見込みの者
イ 人事院がアに掲げる者と同等の資格があると認める者

*どちらの試験も受験する年の4月1日現在で30歳未満です



試験日程

過去数年分の試験日程を掲載しています。

平成28年度試験

【国家総合職「法務」区分】
受付期間 【インターネット申込】
9月6日(火)9:00~9月13日(火)[受信有効]
○インターネット申込専用アドレス
[http://www.jinji-shiken.go.jp/juken.html]
第1次試験 9月25日(日)
14:45(受付開始)
15:15(試験開始)~17:55(試験終了)
第1次試験
合格者発表
10月4日(火) 9:00
第2次試験 ◆政策課題討議試験
◆人物試験
10月6日(木)又は10月7日(金)
第2次試験通知書で指定する日時
(日時の変更は原則として認められません)
最終合格者
発 表 日
10月14日(金) 9:00
【国家総合職「教養」区分】
受付期間 【インターネット申込】
8月3日(水)9:00~8月22日(月)[受信有効]
○インターネット申込専用アドレス
[http://www.jinji-shiken.go.jp/juken.html]
第1次試験 9月25日(日)
8:30(受付開始)
9:00(試験開始)~17:55(試験終了)
第1次試験
合格者発表
10月12日(水) 9:00
第2次試験 ◆企画提案試験
◆政策課題討議試験
◆人物試験
11月8日(火)~11月16日(水)
第1次試験合格通知書で指定する連続する2日間
(日時の変更は原則として認められません)
最終合格者
発 表 日
12月9日(金) 9:00

平成27年度試験

【国家総合職「法務」区分】
受付期間 【インターネット申込】
9月8日(火)9:00~9月15日(火)[受信有効]
○インターネット申込専用アドレス
[http://www.jinji-shiken.go.jp/juken.html]
第1次試験 9月27日(日)
第1次試験
合格者発表
10月6日(火) 9:00
第2次試験 ◆政策課題討議試験
◆人物試験
10月8日(木)又は10月9日(金)
第2次試験通知書で指定する日時
(日時の変更は原則として認められません)
最終合格者
発 表 日
10月16日(金) 9:00
【国家総合職「教養」区分】
受付期間 【インターネット申込】
8月5日(水)9:00~8月19日(水)[受信有効]
○インターネット申込専用アドレス
[http://www.jinji-shiken.go.jp/juken.html]
第1次試験 9月27日(日)
第1次試験
合格者発表
10月14日(水) 9:00
第2次試験 ◆企画提案試験
◆政策課題討議試験
◆人物試験
11月10日(火)~11月18日(水)
第1次試験合格通知書で指定する連続する2日間
(日時の変更は原則として認められません)
最終合格者
発 表 日
12月11日(金) 9:00

*平成27年度試験は全て終了しました



試験科目(平成28年度)

【国家総合職「法務」区分】
試験 試験種目 解答題数
解答時間
配点
比率
内  容
第1次試験 基礎能力試験 多肢30題
2時間20分
2/7 公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験
[知能分野] 24題
文章理解⑧、判断・数的推理(資料解釈を含む)⑯
[知識分野] 6題
自然・人文・社会⑥(時事を含む)
第2次試験 政策課題
討議試験
おおむね
1時間30分
2/7 課題に対するグループ討議によるプレゼンテーション能力やコミュニケーション力などについての試験
6人1組のグループを基本として実施
レジュメ作成(20分)→個別発表(1人当たり3分)→グループ討議(30分)→討議を踏まえて考えたことを個別発表(1人当たり2分)
人物試験 3/7 人柄、対人的能力などについての個別面接

注1)○内の数字は出題予定数です。
注2)第2次試験の際、人物試験の参考とするため、性格検査を行います。
※ 英語能力の程度に応じて得点を加算

【国家総合職「教養」区分】
試験 試験種目 解答題数
解答時間
配点
比率
内  容
第1次試験 総合論文試験 2題
4時間
8/28 幅広い教養や専門的知識を土台とした総合的な判断力、思考力についての筆記試験
Ⅰ:政策の企画立案の基礎となる教養・哲学的な考え方に関するもの 1題
Ⅱ:具体的な政策立案課題に関するもの 1題
基礎能力試験 Ⅰ部24題2時間
Ⅱ部30題1時間30分
Ⅰ部
3/28

Ⅱ部
2/28
公務員としての基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験
Ⅰ部:知能分野
 文章理解⑧、判断・数的推理(資料解釈含む)⑯
Ⅱ部:知識分野
 自然⑩、人文⑩、社会⑩ ※時事を含む。
第2次試験 企画提案試験 Ⅰ部1題2時間
Ⅱ部概ね1時間程度
5/28 企画力、建設的な思考力及び説明力などについての試験
Ⅰ部:小論文
   課題と資料を与え、解決策を提案させる
Ⅱ部:プレゼンテーション及び質疑応答
   小論文の内容について試験官に説明、
   その後質疑応答を受ける
政策課題
討議試験
概ね
2時間程度
4/28 課題に対するグループ討議によるプレゼンテーション能力やコミュニケーション力などについての試験
6人1組のグループを基本として実施
レジュメ作成(20分)→個別発表(1人当たり3分)→グループ討議(45分)→討議を踏まえて考えたことを個別発表(1人当たり2分)
人物試験 6/28 人柄,対人的能力などについての個別面接

注1)○内の数字は出題予定数です。
注2)第1次試験合格者は、「基礎能力試験」の成績によって決定します。
注3)第2次試験の際、人物試験の参考とするため、性格検査を行います。
※  英語能力の程度に応じて得点を加算




実施結果(平成24~28年度)

【国家総合職「法務」区分】
実施年度 申込者数 一次合格者数 最終合格者数
平成28年度 66(13) 41(6) 32(6)
平成27年度 62(19) 46(11) 28(8)
平成26年度 87(25) 64(17) 39(12)
平成25年度 150(42) 68(19) 36(9)
平成24年度 95(18) 68(15) 35(6)

(注)( )内の数字は女性を内数で示す。

【国家総合職「教養」区分】
実施年度 申込者数 一次合格者数 最終合格者数
平成28年度 2,558(886) 255(44) 135(31)
平成27年度 2,453(798) 232(34) 133(25)
平成26年度 1,913(590) 228(51) 123(30)
平成25年度 1,962(568) 174(26) 92(18)
平成24年度 1,134(316) 120(13) 52(7)

(注)( )内の数字は女性を内数で示す。


★正答番号表(平成26年度本試験解答)

【基礎能力試験(法務区分)】
No. 1 1 No.11 2 No.21 2
No. 2 5 No.12 5 No.22 2
No. 3 3 No.13 5 No.23 2
No. 4 5 No.14 3 No.24 4
No. 5 3 No.15 2 No.25 1
No. 6 3 No.16 4 No.26 4
No. 7 1 No.17 2 No.27 1
No. 8 1 No.18 5 No.28 4
No. 9 1 No.19 5 No.29 4
No.10 4 No.20 3 No.30 3

*最新の正答番号は、こちらから

*本ページは人事院の公表した情報等をもとに独自の編集を加えてあります。また、人事院のコンテンツ利用方針に従って作成されています。




新着情報


公務員注目情報

公務員試験情報

国家公務員試験

地方公務員試験

公安系その他の試験




ページのトップへ戻る